オーストラリアの公共交通機関のご紹介

オーストラリアもようやく日本のSUICA ICOCAのような公共交通機関でタッチするだけで乗り降りできるカードは整いつつあります!

ただまだまだ日本のように県を超えて使える!というわけでなく

各州によりそれぞれ違うカードが用意されています

シドニーではOPAL (オパール)

https://www.opal.com.au/

メルボルンではMyki (マイキー)

https://www.ptv.vic.gov.au/tickets/myki/

ゴールドコースト・ブリスベンではGo Card(ゴーカード)

https://gocard.translink.com.au/webtix/welcome/welcome.do?switchToDesktop=true

パースでは SmartRider (スマートライダー)

https://www.transperth.wa.gov.au/Tickets-Fares

となります。
あちこちに旅行や出張でいくので私は4枚所持。

だけどやっぱりいちいちコインを探さなくてもいいしチケットを買わなくてもいいし便利!

ただ短期旅行者や留学者も基本、これをゲットしないと乗れないバスなどもあるので面倒!という人たちも多かったのですが、最近VisaやMasterCardでピッとタップすれば通れるシステムがどんどん導入されてるので、今後は旅行者にとっても楽になるようです!

それぞれのカード、WEBで登録すると、銀行から自動引落もできるようにセッティングすることもできます。私も$10を切ると自動的に$50がチャージされるようにセッティングしてるのであといくら残ってるんだろうって心配もないし、バス降りる時に恥ずかしい「ビー」という音が鳴り響いたり駅でゲートが開かなかったりというこっ恥ずかしい思いをしなくていいのでおすすめです。

またついタップするのを忘れちゃったーという場合恐れないといけないのが
定期的にチェックに入ってくるスタッフ。

「はい、カード見せて!」と全員ちゃんとお金払って乗ってるか確認をされます。
もしタップしてなかったら・・200ドルの罰金!!!(15000円位)とられます。

優しい人だと、「初めてだったからよくわからなかった」とか「タップするのを単純に忘れただけ」とかいう言い訳で「次回からちゃんとしてよ」と言われて逃れられる
こともあるんですが・・・意地悪な人はどんなに言い訳してもアウト。
なので気をつけてくださいね・・

上記4つのカードにチャージ(オーストラリアではトップアップといいます)
する場所は駅やセブンイレブンなどのコンビニで簡単にできます。

最近Opalカードの乗り方のYoutube動画アップしました

 

プチ英語レッスン

オパールカードにチャージをするときにでもなんて言ってやればいいのかな?
と思われる方へ!

Can I top up on the opal card? (オパールカードにチャージできますか?)
How much? (お店の人:いくら?)
$10 please! (10ドルお願いします!)

とカードを渡すと10ドチャージしてもらえます。

もしくは

Please Top up $10 on the opal card. (カードを見せながら、10ドルチャージしてください!)

というやり方でもOK!!

駅には機械でチャージできるものもあちこちに置いてあるのでそちらを
使っても大丈夫です!!

各カード、何回乗ったら何回目からは半額!とか土日は安くなる!など
いろいろなサービスをやってます。うまく使って快適なオーストラリア滞在!
楽しんでくださいね

オーストラリア留学・ワーホリについて
不安やお悩みをご相談ください!

・帰国後の就職が不安でなかなか一歩踏み出せない

・オーストラリアで、何か仕事の経験を得て自信をもって帰国したい

どんな些細なことでもいいので、オーストラリアの留学・ワーキングホリデーについては下記よりお問い合わせください!Chikaが自信をもってお答え・提案します。

無料相談・お問い合わせフォームへ

お急ぎの方はLINEからどうぞ LINE: pankymotty

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大坂なおみさんの活躍で日本人の評価がぐんぐん上がる!

日本出発前に自分のオーストラリアの電話番号を手に入れる方法

「 Just You can do it! 」自分の未知なる力を信じて前へ進んで...

オーストラリア人ってとっても粋!!

オーストラリア チカ流家族の絆

めっちゃおすすめ、オーストラリアのサマーウェア★