お得な留学資金の支払い方法。賢く日本円を留学先に持っていく方法

留学する際の学費等の支払い

どうすればいいですか?というお問合せ良くいただきます。

銀行から海外送金??
日本円で払えるの?
クレジットカードはどうなの?
などなど。

エージェントさんによって案内する方法は違うと思いますが今回は弊社が紹介している方法をご案内させていただきます。

 

一番人気は簡単な

①日本円振り込み

弊社は日本に口座を持っていますので、日本の口座を持っていますのでそちらに自分の銀行より振り込みしてもらうパターンです。なので皆さん一度はやったことあられるはず。

ですので簡単に振り込めると思います。

②海外送金

こちらはご自分の銀行で海外送金の手続きをしてもらう方法です。

レートによってはお得!

なようなのですが、手続きが結構面倒だったり送金手数料がちょっと高かったりというマイナス点も。
※こちらは弊社へ払ってもらうことも可能ですが、学校に直接払いたいという方はそれも可能です。

 

③クレジットカード支払い

ポイントやマイルなどを貯められていたりという方が利用されることが多いです。

が、クレジットカード会社独自のレートでの計算となるためレートは銀行よりも高い場合が多いため、金額的には高くなる可能性大。

 

④トランスファーワイズを利用する

これは最近メキメキと利用される方が増えている方法。

私自身もよく利用しています。

銀行より手数料安い、早い、わかりやすい、海外に直接送るのにネットだけで簡単にできるので面倒な書類などを各必要なし。

 

という感じです。

上記は学費やホームステイ費用などを払う際に利用いただく方法ですが

弊社の自慢は

「生活費送金サービス」

こちらは①と同じ方法で弊社日本の銀行口座に送金していただくとその着金した日のレートでオーストラリアドルに変換。

それを入国後に作られるオーストラリアの銀行口座に送金しますので、銀行開設後、普通にATMカードで引き出していただけます。

 

月に1度手数数無しで送金できるので、大変オトクです。

①まずレートが銀行よりお得

②手数料無し

③現地で引き出すだけ!

という便利さです。

国際ATM(キャッシュ)カード

よく留学生が日本の銀行等で発行される、日本でお金いれて、現地でドルで引き出せますよ、を売りにしているインターナショナルカードやキャッシュパスポートを勧めるようですが

旅行などの短期であればいいのですが、

1年などの留学となる場合
いちいちこのカードでお金引き出してると

全然よくないレートで計算され
しかも引き出すたびに手数料取られ、1日の引出し限度額が決められているため
学費や家賃などをまとめて払う際にかなり不便で損をすることになります。

 

なので私はあまりおすすめしていません。
レートだけみてると対した違いないとか手数料もこれくらいならなんて思ってると大間違い。

 

塵も積もれば山となる、留学資金は大事にしてください。

払わなくていいものに払う必要はありません。

 

賢く留学資金の準備をしてくださいね!

オーストラリア留学・ワーホリについて
不安やお悩みをご相談ください!

・帰国後の就職が不安でなかなか一歩踏み出せない

・オーストラリアで、何か仕事の経験を得て自信をもって帰国したい

どんな些細なことでもいいので、オーストラリアの留学・ワーキングホリデーについては下記よりお問い合わせください!Chikaが自信をもってお答え・提案します。

無料相談・お問い合わせフォームへ

お急ぎの方はLINEからどうぞ LINE: pankymotty

関連記事

日本の幼稚園教諭の免許をオーストラリアで書き換えして働く方法

スポーツ+英語留学。 あなたのスキルがオーストラリアで生かされます Part1

進学・長く滞在される方へ 学生ビザの手続きは現地エージェントがおすすめです

有料と無料エージェントのサポートの違いって?

留学やワーホリを考えてる人必見!留学セミナーって行く意味あるの?留学セミナーの賢...

ビザ取り学校は2018/2/28までの申し込みで終了です