オーストラリア人って相手の気持ちを盛り上げるのがうまい??


大事な公的書類を提出する際、こちらは正しいものですよー
という証明をするために、資格を持った方がJPサインというものを
しないといけない仕組みにオーストラリアはなっています。


裁判所や警察など、公的な機関などで通常サインをしてもらうのですが
先日も私自身、サインが必要だったので会社の近くの裁判所に行ってきました。裁判所ということもあり、中にはいるだけで空港並みのセキュリティ。

荷物もチェック、ボディチェックと、なんか一瞬にして緊張しながら中に入りました。JPサインと書いてあるカウンターにいつもならずらーっと人が並んでるのだけどその日に限り誰もいなくて、あれ?まだ始まってないのかな?

と思いつつカウンターに行き「まだ始まってないの?」と聞くと、

真面目な顔したおじちゃんが「違うよ、君がくるのを待っていたんだよー」とニコッとウインク!


一気に緊張が溶けました。
なんかほっとしたというか・・・わかりやすく内容を説明してくれて
このサインがどういう効力があるのかまできちんとコメント
最後は、今日はいい日になりそうだね!
と言ってくれました。

嘘でもいい!とりあえずでもいいい!
こういうやり取りって人をほんわかさせますよね。


オーストラリアにいるとこういうこと、よくあります。
上手なんだよなー。人との距離感を作るのが。


私達日本人も見習わないとですね!

オーストラリア留学・ワーホリについて
不安やお悩みをご相談ください!

・帰国後の就職が不安でなかなか一歩踏み出せない

・オーストラリアで、何か仕事の経験を得て自信をもって帰国したい

どんな些細なことでもいいので、オーストラリアの留学・ワーキングホリデーについては下記よりお問い合わせください!Chikaが自信をもってお答え・提案します。

無料相談・お問い合わせフォームへ

お急ぎの方はLINEからどうぞ LINE: pankymotty

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パーティーに誰が来るのか重要な日本人と、そうでない外国人

コロナショックをきっかけに、人間の生き方に差がはっきり見られるようになる

オーストラリア人ってとっても粋!!

「 Just You can do it! 」自分の未知なる力を信じて前へ進んで...

オーストラリアで、現地ネイティブの友達の作り方

めっちゃおすすめ、オーストラリアのサマーウェア★